妊活の基本は「基礎体温表」と「タイミング法」

普通に結婚すれば赤ちゃんはそのうち自然をできる。。と思っていても晩婚化が進む今、やはり早めの「妊活」というものがとても大切になってきます。

最近では一年夫婦生活が普通にあって妊娠できない場合、妊活することが一般的になっているようです。
でも、妊活ってなにをしたらいいの?という疑問に答えていきたいとおもいます。

毎日基礎体温をつけて、グラフ化する

まず、妊活の基本中の基本は毎日しっかりと基礎体温をつけるということなんです。

基礎体温の測り方は、まず同じ時間に起きて基礎体温専用の細かくはかれる専用の体温計を体を動かさずにすぐに舌下ではかります。

そうすることで、毎日同じ状態で測ることができるので正確な数字がでます。そして、それを手書きでもいいですし、最近ではネットで基礎体温をグラフ化できるサイトもあるので、グラフ化していきます。

基礎体温でわかることと言えばまず、自分の平均体温がわかること、そして周期がわかります。そして、高温期の日数がわかります。

最低でも3か月間ぐらいは続けてデータを蓄積することが大切なので、妊活はじめたほうがいいのかな??と思っている方はすぐにでも基礎体温をつけることからはじめるのが、とてもおすすめですね。

タイミング法で妊娠しやすい日にちを狙う

妊娠って本当に奇跡的なことで、たった一日しか生きることができない卵子が精子と受精して、受精しないと妊娠しないわけなんです。

なので、実は人間が妊娠できる日にちというのは卵子が生きている間の一日だけなんです。そこで妊娠に取り入れたいのがタイミング法なんです。

これは、基礎体温をはかっているとわかるのですが、高温期になる2日から1日に性交渉をします。

卵子が生まれる前に精子がスタンバイしている状態をつくるんです。
もちろん、不妊の専門の病院などにいって、基礎体温と共に卵子の大きさを調べて確実に卵子がうまれる日にちをチェックしてもいいとおもいます。

慣れてくると、あと数日で高温期くるから、その前に仲よくしよう!とか、わかってくるんです。

さいごに

基礎体温を毎日つけることと、タイミング法で性交渉を行うということは本当に大切なことです。
これは、本当に基本中の基本で、病院に行かなくても自分でできますし、お金もかかりません。そして簡単だし、自分の体のこともわかります。
妊活っていろいろ不安なことも多いかとはおもいますが、リラックスして、そして心にも負担なく妊活を楽しみたいですよね。