妊娠線ができる原因と対処法。しっかり保湿することが大事

お腹が急激に大きくなりやすい妊娠中期以降から気をつけたいのが妊娠線(ストレッチマークともいいます)です。

いったん妊娠線ができてしまうと、セルフケアでは消すことができませんから、妊娠線を予防するケアを取り入れていきましょう。

そんな妊娠線ができる原因と対策について説明します。

体重の増加による皮膚のひび割れが原因

妊娠中期から後期にかけては、妊婦のお腹もどんどん大きくなっていきます。

表面の皮膚がお腹が大きくなるにつれて四方八方に引っ張られてしまって、肌の奥にあるコラーゲン繊維が避けることで妊娠線ができてしまいます。

また、妊娠出産に備えて体も変化してきて、胎児のために体は脂肪を蓄えようと働いてしまいます。

自分では食事などに気をつけていても、脂肪が付きやすくなっています。
そんな体重の増加や体の変化によって、妊娠線ができやすくなります

必要以上に脂肪を増やさない生活を

元気な赤ちゃんを生むためには、しっかりと栄養を取るのは大切なことです。

しかし、つい食べ過ぎてしまったりすると、妊婦は体重が増えやすいですから、普段から必要以上に脂肪を増やさないようにして体重をしっかり管理しましょう。

食べ過ぎは妊娠線を作るだけでなく、血糖値も上がってしまって妊娠糖尿病を引き起こす危険もあります。

体重の増えすぎは出産が重たくなって難産になるケースも少なくありません。
栄養を損なうことなく食べ過ぎにだけは注意して、食事量をしっかり守るのが大切です。

保湿ケアで肌を乾燥させない

妊娠中は出産のためにホルモンの分泌量が多くなっていて、肌も敏感になりがちです。
しっかりとボディケアしてあげて、肌の潤いと弾力をキープしてあげるのが妊娠線予防につながります。

かさかさで弾力のない乾燥した肌だと、体型の変化で肌が引っ張られた時にすぐに妊娠線ができてしまいます。

しっとりと弾力のある肌なら、皮膚にも柔軟性がありますから妊娠線予防になってくれます。
一番いいケア方法は、妊娠線ができやすい部分に高保湿な専用のボディクリーム妊娠線クリームを塗ってあげることです。

お腹周りだけでなく、バストやヒップ、太ももなどを中心に、お風呂上りに保湿ケアを心がけましょう。

妊娠線対策で有名な「シラノール誘導体」を含む人気のクリームの例でいえば「プレマーム」が例として挙げられます。妊娠線予防にも、出来てしまった妊娠線にも効果が期待できるクリームです。

参考記事:プレマームの効果と口コミ

妊娠線を作らせない予防が肝心

一度できてしまったらなかなか消すことのできなにい妊娠線ですから、作らせないように普段から生活に気をつけたり、保湿ケアを心がけるのが大事です。

体重管理は元気な赤ちゃんを生むためにも必要なことですし、保湿ケアは妊娠線だけでなく肌を健やかに保つためにも重要です。

予防ケアを徹底することで避けられますから、普段の習慣の中に取り入れていきましょう。